アムロンで働く人たちpeople working at AMRON

recruit
  1. ホーム
  2. リクルート
  3. アムロンで働く人たち
  4. 鉄鋼本部 営業職

鉄鋼本部 営業職

営業職 加工製品/製缶品/鋼構造物 鉄素材の流通

2011年入社
成城大学 文芸学部卒

数ある企業の中でアムロンに決めた理由

就活では漠然と様々な分野に関われることと、スケールの大きさを重視していました。正直なところ、アムロンのことはまったく知らなかったのですが、実家の近辺がアムロンの主要顧客先の配送ルートとなっており、鋼材を積んだトラックを見て軽い気持ちで調べてみると、鋼材販売だけでなく、環境浄化製品、産業機械、海外事業など、多岐に渡る事業を行っていることを知り、ここなら様々な分野に挑戦ができるのではと思い、応募しました。
生まれ育った香川に居ながら、四国・本州だけでなく、海外への展開もできること。また、仕事の幅も広く、なんでもできるのが総合商社のアムロン。アムロンなら香川で働くことができると思いました。

現在の仕事内容

県内大手建機メーカーへの鋼材・鉄鋼製品・樹脂製品の販売を行っております。主に建機メーカーの部品を製作しているアムロンの3工場および県内にはある多くの協力工場様への材料供給を主体にルート営業をしております。各社で製作された部品が組み上がり、完成車となって公道を走行しているのを見ると誇らしい気持ちになります。
営業駆け出しの頃、業務のスピードを優先するあまり、ある仕入先様への意思疎通をないがしろにしてしまい、納期対応でご迷惑をかけてしまったことがあります。繁忙期となる年末の中、短納期対応・残業対応でご対応頂いたのですが、仕入先様の社長より「とってつけたような、帳尻合わせの仕事はやめろ」とお叱りを受け、信頼を損ねることとなってしまいました。仕入先様あっての商売でもありますので、その時以降、定期的に現場に赴き、現場・現物・現実をきちんと自分の目で見て理解する「三現主義」を肝に銘じて仕事を行っております。
三現主義を意識しながら失った信用を回復させようと2年、3年と定期的に訪問・会話を重ねていった中、再び納期対応で困りごとが出てきました。取引先様の大増産により従来の2倍近い注文を頂きました。嬉しい悲鳴という言葉を聞きますが、担当としては冷や汗モノです。しかし、今回はコツコツと訪問を重ね、事前に段取りを進められたこともあり、納期遅延することなく、全て完納することが出来ました。仕入先様より「アムロンの仕事だからやる」ではなくて「大須賀さんの案件だからやる」と仰っていただいたことに感銘を受けたと同時に、やっと一人前になれたのかなと感じました。

仕事のやりがい

アムロンには決まった営業スタイルというものがありません。ベテランでも、若手でも、あれを売りたい!こうしたい!と思ったことにはチャレンジさせてくれる風潮があります。そのため仕事自体も、やりがいも自分で作ることが出来ます。私は、自身が扱う商品の中で、仕入先様、お客様と協議を重ね、グローバル調達プロジェクトを進めました。その結果、中国・ベトナム・インドでの部品調達を行うことが出来ました。「こうしたい」小さな思いも信念があれば会社・国を飛び越えて繋がることができ、同じプロジェクトを全員で進めることに一体感とやりがいを感じます。

気をつけていること

鉄にも命があり、気候や生産後の年数によって変形や変色が発生することがあります。我々は鉄のプロとして様々な対処をするのですが、予期せぬトラブルが付き物でお客様のご要望に反する製品ができてしまう場合があります。サイズ・重量ともにスケールの大きい製品が多いため、小さな失敗が大きなトラブルになるケースもあり、日々の製品扱いに苦労することが多々あります。鉄にも命があるということ忘れず、愛情を持って製品を扱うよう心掛けています。

未来の自分


自由に考え、挑戦できる風潮があるからこそアムロンには無限の可能性があります。そのため多数の事業部があり、鋼材の販売だけでなく、加工部隊、ビジネスユース事業部、国際事業部など多岐に渡ります。私はこれまで培ってきた経験、これから学んでいく経験をフル活用し、ひとつの事業として成立させてみたいと思っております。鋼材の販売・加工、樹脂製品の販売、グローバル調達など、芽になりそうなありとあらゆるものを経験し、調和させることでどこにも負けない・真似できない事業を夢見ています。

アムロンという会社

アムロンは頼りになる人が多いです。上司・先輩・部下だけでなく、事業部を超えて相談できる風土があります。多岐に渡る事業をしているため、「こんなことをしてみたい」「こんな相談を受けた」といったときに相談する相手がいることが心強いと感じます。大抵のことはALLアムロンで解決でき、その心強さと安心感が好きです。
年度末に社外の方をお呼びし、当年度の振り返りと次年度の目標達成を宣言する「入魂式」というものがあります。全社一丸となって次年度に向けて気持ちを高めていく様子は圧巻であり、アムロンならではの風習だと思います。
アムロンは地域の事業も積極的に応援しており、香川オリーブガイナーズやカマタマーレ讃岐、瀬戸内芸術祭等のスポンサーもしております。普段何気なく生活している中で、会社のこういった取り組みをチラシやメディア等で見聞きすると、やっぱりいい会社だなぁと思います。

働くことで大切なこと

自分で楽しみを見つけることだと思います。営業職では、大口受注や厳しい納期対応をクリア、新規受注やエリア拡大といったことから、日々の業務の改善等、日々目標を持ち、クリアする楽しみを以ってモチベーションを自分で作りながら仕事をすることが大切だと思います。
私の場合は、国内・海外の出張が増えてきており様々な地域に行くことがあります。仕事を通じて普段行くことのない県・国を訪れることが新鮮であり、良い経験になっています。

就職活動中の方へ

高校時代テニス部に所属していたときに、海沿いのテニスコートでよく試合をしていました。試合の合間に隣の公園で休憩していたとき、海の向こうに工場が見え、何の工場だろうとぼんやりと眺めていました。それから5年後、入社してその工場から公園の風景が見えた時、高校生の時から既に縁があったのかなとハッとすることがありました。
就活生の皆さん、会社選びの際は、自分に素直になり自然体で受け入れてくれると感じたところが自分にとって良い会社だと思ってください。自分を社風に合わせるのではなく、素の自分が社風に合うか。就職活動は、思うようにいかないと色々と考えてしまうことがあると思いますが、人生の中で一番自分のことを真剣に見つめなおすチャンスです。自信をもって就職活動に臨んでください。
そして、アムロンっておもしろそうな会社だなと思ってくださった人は、ぜひ一緒に様々なアイデアを出し、ああでもない、こうでもないと考えましょう。仕事に正解はありませんので、忌憚ない意見を出し合い、共に良い方向へ磨き上げましょう。


contact
087-851-1551
受付時間 
平日 9:00~17:30
お問い合わせフォーム