ヒ素不溶化資材 TKS105とは

TKS105は鉄を主成分とした粉末状不溶化資材です。

TKS105から発生した鉄イオンによりヒ酸イオンを安定化させる効果があります。

特殊加工により鉄イオン供給の促進を図ることで高い効果を発揮します。


TKS105 基本性能

  • ①1.0mg/L付近に調整した人工As(Ⅴ)溶液を作成。
  • ②各As溶液100mLに対し各TKS105を0.1、0.25、0.5、1.0g投入する。
  • ③24時間200rpmで振とう後、0.45μmメンブレンフィルターで濾過を行う。
  • ④得られた濾液のAs濃度を原子吸光光度計を用いて測定する。
    吸着容量=[(原水As濃度-24時間後As濃度)×(溶液量)]÷(吸着資材量)で算出。

ヒ素溶出抑制効果の検証

以下の手順に従い、現地汚染土に対するヒ素溶出抑制効果の検証を行った。

  • ①現地汚染土①~④に対し、不溶化資材を所定量添加し、均一に撹拌・混合を行う。
  • ②30分程度放置し、風乾させたものを処理土①~④とする。
  • ③処理土を対象に環境省告示第46号に順じヒ素溶出濃度を分析。

試験結果を表1に示す。


TKS105を添加することで環境基準値未満までの低減を確認することができた。

Q&A/用語集

水処理濾過材

濾過材専門メーカーとして、従来より短時間で上水処理が可能な高機能の除マンガン・除色度濾過材を開発しました。きれいな水環境を保持するためのご提案をさせていただきますので、ぜひ一度お問合わせください。

事業所所在地

関連情報

重金属汚染対策資材

CAMZやCAMZ-Wなど、重金属汚染対策資材のラインナップはこちらから
詳しく見る

水処理濾過材

水処理濾過材のラインナップはこちらから
詳しく見る